ここだけは押さえよう!新人社員研修のポイント


新人社員研修の目的とは?

新入社員に会社へ慣れてもらったり仕事のやり方を教える新人社員研修ですが、やり方を間違えてしまうと新入社員の離職を招いたり、モチベーションの低下に繋がってしまいます。いくつか気をつけるべきポイントを押さえて、新入社員にとってやって良かったと思える研修プログラムを作りましょう。そもそも新入社員研修の目的とは何でしょうか?まずは会社自体のことを深く知ってもらうことです。会社の経営理念やビジョン、製品やサービスについての認識を揃えておく必要があります。また基本的なビジネスマナーや仕事の進め方、パソコン等の使い方など実際の業務を始めるにあたって必要なスキルを身につけなくてはなりません。グループでの仕事に慣れるためや協調性を付けるためにグループワークを取り入れる企業もあります。

新入社員研修で気をつけるべきポイント

社会人になったばかりの新入社員にとって研修は一番初めに企業ときちんと向き合う場でもあります。この機会が新入社員にとって悪いものになってしまえば後の仕事が上手くいかなくなってしまうかもしれません。会社の未来のためにも注意を払ってプログラムを組みましょう。まずは研修プログラムのゴール地点が適切なものか確認しましょう。無駄に高いハードルを設定してしまえば新入社員を萎縮させてしまいますし、彼らに達成できなかったという劣等感を与えかねません。またプログラムを作る担当者自身が会社について理解できているか確認しておくのも大切です。経営計画やWEBサイトなどを確認し正しい認識で作れているか確認しましょう。

社員研修は新入社員が社会人としての自覚を持ったり、管理職が将来の経営を担うために必要なスキルを磨いたりする上で欠かせないチャンスとなっています。

社員教育を代行業者に任せることはできるの?


社員教育の難しさとは

企業において、人事部門などに所属している方の中には、新入社員への入社時研修やその他社内での教育について悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。社内のルールやマナー、社会人としてのルールなどを教える新入社員研修や、各種ルールや法令改正に伴い、社内で説明会を開催するというケースは頻繁にあります。これらを効果的に実施するためのノウハウもなく、どのようにすれば効果的な社員教育を推進していけるのか、困った経験をしたことがある人事・総務部門担当者の方もたくさんいると思います。たいてい、講義をするような経験やその関連の教育を受けてきたことがない方が人事部門などに配属されることが多いため、このような苦労を経験することになります。

専門業者に代行してもらうことができます

社員教育を専門の業者に代行してもらえることはご存じでしょうか。社内セミナーや各種講義を代行してくれる専門業者が存在します。講義形式の研修を実施してきた豊富な経験を持っている人材を提供してくれて、充分なノウハウを持って社員教育を推進してもらうことができます。このような業者を活用することで、本来の社内業務に専念することができるようになりますし、効果的な教育の進め方を学ぶことができます。また、新入社員採用に関するサポートをしてくれるサービスを同時に受けられる業者も多いです。現在は売り手市場になっているので、自社の魅力を最大限にアピールする目的で専門業者に頼るケースが徐々に増えてきています。

会社に必要な知識などを教えることを社員教育と言います。実務スキルだけでなく、コミュニケーション能力などの分野の教育も実施することが多いです。

自営業のやり方で大事なこと!仕事を作り続ける努力!


自営業では仕事が続くことが大事

自営業では仕事が毎日あることが重要です。そのために努力することは必要なことでしょう。自営業では仕事が打ち切られれば、すぐに生活ができなくなります。努力する方法は色々ありますが、何よりも大事なのは顧客との関係を維持することでしょう。顧客の不満がないようにすると、長く仕事を続けられることが多いです。クレームが出たらすぐに解消すると、長く仕事ができるでしょう。

仕事を長く続けるためにクオリティを落とさない

仕事を維持するためには、成果物のクオリティを落とさないことは大事です。特に顧客が自営業者の実力を知っている場合は、手を抜いているとすぐに見抜かれます。そうなると、印象が悪くなります。悪い印象が重なって、トラブルになるようだと仕事の依頼が来なくなるでしょう。大事なのは顧客が満足する以上の成果物を出しつづけることです。そうすれば、不満に思うことはなく、良い印象を持ってくれます。その関係を続けていくことが大切なのです。

営業することも仕事を続けることに繋がる

自営業者は顧客が固定されていることも多く、なかなか営業をしない人もいます。しかし、営業は新しい仕事をとってくるだけではなく、新しい関係を築く一歩になる可能性もあります。今の顧客がいなくなったときに、売上を埋める代わりとなることもあるのです。営業は毎日する必要はありませんが、定期的にすることが大事です。定期的に営業していると、どこかで仕事をくれる顧客が見つかるかもしれません。見つかったら信頼関係を築くことに注力すると、仕事につながるでしょう。

フランチャイズというのは、ロイヤリティを払うことで本部のノウハウや専門的な知識を得て、加盟店としてオープンすることが出来る手法です。

デスクトップパソコンは比較的自作しやすい電気製品


パソコンを自分で製作する事のメリットとは?

家電量販店の売り場に並ぶ電気製品は、非常に複雑な構造をしています。見た目は昔ながらの家電製品に見えても、内部のほとんどがデリケートな電子部品で構成されており、コンピューター制御で稼働しています。そのため、いわゆる理系の方々でも、量販店に並ぶような電気製品を自作するのは困難です。

一方で実用的な電気製品の中でも、デスクトップパソコンは比較的自作のハードルが低めです。実際に多くのネットユーザーが趣味でパソコンを製作しています。元々パソコンスキルが高い方、DIYやプラモデル作りが得意で手先が器用な方であれば、特にチャレンジがしやすい趣味です。自作パソコンには色々なメリットがあり、DIY同様に自分でゼロから組み立てるため、自分好みのマシンが作れるのが嬉しいところです。またマシンスペックを自由に、ユーザー側で決められるのも醍醐味です。節約したい場合は低コストな部品や中古パーツを秋葉原などで買い揃え、自作すればお小遣いを賢く使えるでしょう。

ゲーミング用パソコンも自作すればお安くゲット可能

ゲーミングパソコンを費用対効果の良い形で手に入れたい、こういった希望がある方も自作パソコン製作に挑んでみましょう。ゲーミングパソコンはマシンスペックが非常に高い代わりに、販売価格がとても高額です。快適なゲームプレイに欠かせない電源パーツやグラフィックボードやCPUやメモリには重点的に費用を投じ、それ以外の部分は安価な部品を使う事で、ゲーミング用のハイスペックパソコンをお得にゲット出来るのです。ネット通販サイトを遣えば、自宅周辺に電気街がなくても自作に必要な部品や工具を、丸々一式揃えられるので便利です。

近年、プリント基板設計は専用のCADを利用して行います。最初にCADを利用して回路図入力をしそこから得られたネットデータをもとにプリント基板の設計用のCADにて設計します。

新人合宿研修のねらい!社会人としてのスタートラインに立つ!


社会人としての自覚を持ってもらう

学生から社会人になるときには、大きな壁があります。社会人として働くことを何も考えてないと、学生気分が抜けないのです。新人合宿研修のねらいとしては、その壁を越えてもらうことが大事です。社会人として働くのだという認識を持ってもらい、配属されてから恥ずかしくない状態に持っていくことが、新人合宿研修では重要になります。社会人では当たり前のことでも、学生には理解できないことも多いです。そのような認識の違いを理解して、変えてもらうきっかけになるでしょう。

最低限の常識を持たせる

ねらいとして重要な点に、社会人としての常識を持ってもらうことがあります。社会人としては当たり前のことが、学生には通用しないことも多くあるのです。例えば、遅刻です。学生は遅刻をしても許されるケースが多いです。授業に遅刻しても受けられるでしょうし、トラブルになることは少ないでしょう。しかし、社会人は遅刻すると取引先からの信頼を失い、取引停止になる可能性もあるのです。社会人であれば社会人としての常識がないと非常に困る場面が多くなります。そう考えると、最低限の常識を合宿で持ってもらうことは重要なのです。

マナーを持たせること

研修でマナーを学んでもらうことで、社会人としてのスタートラインに立つことができます。マナーができてないと、社会人として認めてもらえないかもしれません。言葉遣いが学生のままでは、現場に出たときに怒られます。社会人として恥ずかしくないレベルのマナーを新人合宿研修で学ぶ必要があるでしょう。

新人研修を実施することで、まず第一に社会人としてのスキルを身につけることができます。また、新人が会社・企業についての理解を深め、人間関係を形成する良い機会となります。

防犯フィルムは防犯対策の中では基本のき!


空き巣とは何か?どこから侵入するのか?

空き巣と一口に言いますが、正式には住宅対象侵入窃盗の一つです。この犯罪は、一戸建て住宅や4階建て以上の中高層住宅などを対象とする空き巣や忍込みと居空きの総称です。これらはドアのカギをピッキングして開けたり、窓ガラスを割って鍵を開けて家の中に侵入します。近年はドアのピッキング対策が普及して鍵が開け難くなり、逆に窓ガラスが狙われやすくなっています。

防犯フィルムとはどういうものなのか?

窓の防犯対策としては、まずガラスを割られない、割られても鍵を開け難くする、鍵が開いても窓自体が開かないようにする方法があります。これらで犯人の侵入を遅らせることができます。またガラスを割る際の振動で動作する警報器を取り付けるのも、侵入を知らせたり犯人に侵入を思いとどまらせるのにも有効です。そして窓ガラスを割れ難くするのが防犯フィルムで、防犯対策の基本です。ガラスの部屋側にフィルムを貼り、例えガラスが割れてもヒビが広がり難いので鍵を開け難くします。また厚手のフィルムや強度の高いフィルムは、ガラス自体を割れ難くする効果があります。これなら更に防犯効果が高いので、販売店や専門業者に相談してみると良いでしょう。

防犯フィルムの問題点と対策とは?

防犯フィルムは、100円ショップやホームセンターでも販売されています。どれもそれなりにガラスが割れに難く家への侵入を防ぐ効果がありますが、あまり薄いフィルムはお薦めできません。ガラスを叩いた時の湾曲が限界に達するとガラスが割れるので、ガラスの湾曲を抑える補助効果のある厚手のフィルムが必要です。兎に角ガラスを割れ難くする、割れてもヒビが広がらず、しかもフィルム自体が切れにくいものが最適です。そのタイプのものを目安に、防犯フィルムを選びましょう。

防犯フィルムで窓対策を行うことで泥棒の侵入を諦めさせることが可能となります。特にCPマークの付いた商品は第三者機関により防犯性能を認められたものです。