ここだけは押さえよう!新人社員研修のポイント


新人社員研修の目的とは?

新入社員に会社へ慣れてもらったり仕事のやり方を教える新人社員研修ですが、やり方を間違えてしまうと新入社員の離職を招いたり、モチベーションの低下に繋がってしまいます。いくつか気をつけるべきポイントを押さえて、新入社員にとってやって良かったと思える研修プログラムを作りましょう。そもそも新入社員研修の目的とは何でしょうか?まずは会社自体のことを深く知ってもらうことです。会社の経営理念やビジョン、製品やサービスについての認識を揃えておく必要があります。また基本的なビジネスマナーや仕事の進め方、パソコン等の使い方など実際の業務を始めるにあたって必要なスキルを身につけなくてはなりません。グループでの仕事に慣れるためや協調性を付けるためにグループワークを取り入れる企業もあります。

新入社員研修で気をつけるべきポイント

社会人になったばかりの新入社員にとって研修は一番初めに企業ときちんと向き合う場でもあります。この機会が新入社員にとって悪いものになってしまえば後の仕事が上手くいかなくなってしまうかもしれません。会社の未来のためにも注意を払ってプログラムを組みましょう。まずは研修プログラムのゴール地点が適切なものか確認しましょう。無駄に高いハードルを設定してしまえば新入社員を萎縮させてしまいますし、彼らに達成できなかったという劣等感を与えかねません。またプログラムを作る担当者自身が会社について理解できているか確認しておくのも大切です。経営計画やWEBサイトなどを確認し正しい認識で作れているか確認しましょう。

社員研修は新入社員が社会人としての自覚を持ったり、管理職が将来の経営を担うために必要なスキルを磨いたりする上で欠かせないチャンスとなっています。