新人合宿研修のねらい!社会人としてのスタートラインに立つ!


社会人としての自覚を持ってもらう

学生から社会人になるときには、大きな壁があります。社会人として働くことを何も考えてないと、学生気分が抜けないのです。新人合宿研修のねらいとしては、その壁を越えてもらうことが大事です。社会人として働くのだという認識を持ってもらい、配属されてから恥ずかしくない状態に持っていくことが、新人合宿研修では重要になります。社会人では当たり前のことでも、学生には理解できないことも多いです。そのような認識の違いを理解して、変えてもらうきっかけになるでしょう。

最低限の常識を持たせる

ねらいとして重要な点に、社会人としての常識を持ってもらうことがあります。社会人としては当たり前のことが、学生には通用しないことも多くあるのです。例えば、遅刻です。学生は遅刻をしても許されるケースが多いです。授業に遅刻しても受けられるでしょうし、トラブルになることは少ないでしょう。しかし、社会人は遅刻すると取引先からの信頼を失い、取引停止になる可能性もあるのです。社会人であれば社会人としての常識がないと非常に困る場面が多くなります。そう考えると、最低限の常識を合宿で持ってもらうことは重要なのです。

マナーを持たせること

研修でマナーを学んでもらうことで、社会人としてのスタートラインに立つことができます。マナーができてないと、社会人として認めてもらえないかもしれません。言葉遣いが学生のままでは、現場に出たときに怒られます。社会人として恥ずかしくないレベルのマナーを新人合宿研修で学ぶ必要があるでしょう。

新人研修を実施することで、まず第一に社会人としてのスキルを身につけることができます。また、新人が会社・企業についての理解を深め、人間関係を形成する良い機会となります。