そうだったのか適性検査を実施する意味と必要性!


能力と性格的指向性を見る検査!

企業の職場や職種に対しての人材のミスマッチを防ぐために、企業は採用試験で客観的な判断材料として適性検査を行います。最近の傾向としては新卒採用は勿論、中途採用に対しても適性検査を実施する企業が増えています。適性検査の中の能力適性検査は一般能力と常識試験を測ります。また性格適性検査は企業が応募者の職場への適性を見る検査です。適性検査の実施は面接前や面接後など企業によって様々です。求職者にとっては合否を左右する重要項目と言えます。能力の適性検査の内容で多いのが国語と数学一般常識です。性格の適性検査は求職者に複数の質問をすることで集中力やストレス耐性を判断するものです。興味と指向の適性検査は求職者の興味があることや性格的指向性を企業が知るためです。

それぞれの受検形態のメリットデメリット!

適性検査の受検形態は主に4種類あり企業や会場で筆記試験を実施するものや、テストセンターで行うものウェブテストを企業内で実施するものと自宅で実施するものがあります。ウェブテストは受験しやすいと言うメリットがあるので適性検査を広く実施する場合に適しています。ただデメリットとしては求職者が真剣な姿勢で、受験に対応するかどうかが分からないので企業にとっては正しい答えが得られない場合があります。何故なら企業が市販の適性検査を利用した場合、求職者はインターネットの適性検査対策サイトなどを見て不正に答えることがあるからです。一方で筆記試験の適性検査はウェブテストで発生したような不正は、検査を実施する会場や時間を決めることでほぼ防ぐことができます。

適性検査は企業の新卒採用にあたり、職務遂行に必要な要件を満たすかを測定する検査です。判断基準は知識と技術の吸収能力、職務や風土に順応する性格特性、将来展望や価値観等があり、これらを総合し判断されます。