新人合宿研修のねらい!社会人としてのスタートラインに立つ!


社会人としての自覚を持ってもらう

学生から社会人になるときには、大きな壁があります。社会人として働くことを何も考えてないと、学生気分が抜けないのです。新人合宿研修のねらいとしては、その壁を越えてもらうことが大事です。社会人として働くのだという認識を持ってもらい、配属されてから恥ずかしくない状態に持っていくことが、新人合宿研修では重要になります。社会人では当たり前のことでも、学生には理解できないことも多いです。そのような認識の違いを理解して、変えてもらうきっかけになるでしょう。

最低限の常識を持たせる

ねらいとして重要な点に、社会人としての常識を持ってもらうことがあります。社会人としては当たり前のことが、学生には通用しないことも多くあるのです。例えば、遅刻です。学生は遅刻をしても許されるケースが多いです。授業に遅刻しても受けられるでしょうし、トラブルになることは少ないでしょう。しかし、社会人は遅刻すると取引先からの信頼を失い、取引停止になる可能性もあるのです。社会人であれば社会人としての常識がないと非常に困る場面が多くなります。そう考えると、最低限の常識を合宿で持ってもらうことは重要なのです。

マナーを持たせること

研修でマナーを学んでもらうことで、社会人としてのスタートラインに立つことができます。マナーができてないと、社会人として認めてもらえないかもしれません。言葉遣いが学生のままでは、現場に出たときに怒られます。社会人として恥ずかしくないレベルのマナーを新人合宿研修で学ぶ必要があるでしょう。

新人研修を実施することで、まず第一に社会人としてのスキルを身につけることができます。また、新人が会社・企業についての理解を深め、人間関係を形成する良い機会となります。

防犯フィルムは防犯対策の中では基本のき!


空き巣とは何か?どこから侵入するのか?

空き巣と一口に言いますが、正式には住宅対象侵入窃盗の一つです。この犯罪は、一戸建て住宅や4階建て以上の中高層住宅などを対象とする空き巣や忍込みと居空きの総称です。これらはドアのカギをピッキングして開けたり、窓ガラスを割って鍵を開けて家の中に侵入します。近年はドアのピッキング対策が普及して鍵が開け難くなり、逆に窓ガラスが狙われやすくなっています。

防犯フィルムとはどういうものなのか?

窓の防犯対策としては、まずガラスを割られない、割られても鍵を開け難くする、鍵が開いても窓自体が開かないようにする方法があります。これらで犯人の侵入を遅らせることができます。またガラスを割る際の振動で動作する警報器を取り付けるのも、侵入を知らせたり犯人に侵入を思いとどまらせるのにも有効です。そして窓ガラスを割れ難くするのが防犯フィルムで、防犯対策の基本です。ガラスの部屋側にフィルムを貼り、例えガラスが割れてもヒビが広がり難いので鍵を開け難くします。また厚手のフィルムや強度の高いフィルムは、ガラス自体を割れ難くする効果があります。これなら更に防犯効果が高いので、販売店や専門業者に相談してみると良いでしょう。

防犯フィルムの問題点と対策とは?

防犯フィルムは、100円ショップやホームセンターでも販売されています。どれもそれなりにガラスが割れに難く家への侵入を防ぐ効果がありますが、あまり薄いフィルムはお薦めできません。ガラスを叩いた時の湾曲が限界に達するとガラスが割れるので、ガラスの湾曲を抑える補助効果のある厚手のフィルムが必要です。兎に角ガラスを割れ難くする、割れてもヒビが広がらず、しかもフィルム自体が切れにくいものが最適です。そのタイプのものを目安に、防犯フィルムを選びましょう。

防犯フィルムで窓対策を行うことで泥棒の侵入を諦めさせることが可能となります。特にCPマークの付いた商品は第三者機関により防犯性能を認められたものです。

そうだったのか適性検査を実施する意味と必要性!


能力と性格的指向性を見る検査!

企業の職場や職種に対しての人材のミスマッチを防ぐために、企業は採用試験で客観的な判断材料として適性検査を行います。最近の傾向としては新卒採用は勿論、中途採用に対しても適性検査を実施する企業が増えています。適性検査の中の能力適性検査は一般能力と常識試験を測ります。また性格適性検査は企業が応募者の職場への適性を見る検査です。適性検査の実施は面接前や面接後など企業によって様々です。求職者にとっては合否を左右する重要項目と言えます。能力の適性検査の内容で多いのが国語と数学一般常識です。性格の適性検査は求職者に複数の質問をすることで集中力やストレス耐性を判断するものです。興味と指向の適性検査は求職者の興味があることや性格的指向性を企業が知るためです。

それぞれの受検形態のメリットデメリット!

適性検査の受検形態は主に4種類あり企業や会場で筆記試験を実施するものや、テストセンターで行うものウェブテストを企業内で実施するものと自宅で実施するものがあります。ウェブテストは受験しやすいと言うメリットがあるので適性検査を広く実施する場合に適しています。ただデメリットとしては求職者が真剣な姿勢で、受験に対応するかどうかが分からないので企業にとっては正しい答えが得られない場合があります。何故なら企業が市販の適性検査を利用した場合、求職者はインターネットの適性検査対策サイトなどを見て不正に答えることがあるからです。一方で筆記試験の適性検査はウェブテストで発生したような不正は、検査を実施する会場や時間を決めることでほぼ防ぐことができます。

適性検査は企業の新卒採用にあたり、職務遂行に必要な要件を満たすかを測定する検査です。判断基準は知識と技術の吸収能力、職務や風土に順応する性格特性、将来展望や価値観等があり、これらを総合し判断されます。