プライバシーはなぜ隠す?隠すなりの理由がある!


プライバシーは隠すもの

プライバシーはありとあらゆるところにあります。金庫の中にもあるし、財布の中にもあります。また人の心の中にもあってプライバシーは見えないように隠されていることが多いです。金庫の中には大金や貴重品が保管されています。財布の中にはお金だけでなく保険証や免許証、それにクレジットカード等の個人情報が含まれる物が多いので紛失には要注意です。心の中にあるプライバシーは、人の気持ちだったり記憶や思い出なども含まれます。

プライバシーを隠す理由

金庫の暗証番号は他人に教えるものではありません。大切なものは失くしてはいけないし、人に取られても困ります。財布は頻繁に出し入れするので紛失の恐れがあります。現金は必要な分だけを入れておき、落としても支障のない額にしておきましょう。現金も大切ですが、個人情報が含まれているカードは、それより重要かもしれません。落とした財布からカードが抜き取られてしまうと大変です。 財布を落とせば、現金だけでなく個人情報も漏れてしまうのです。プライバシーは「自分を守るため」 に隠すものなのです。

名誉棄損は大きなダメージ

お金も個人情報も安全な暮らしを考える上でとても大事なことですが、人の気持ちはそれと同等若しくはそれ以上大切だと言ってもいいでしょう。誰にも公言せずに内に秘めていることは誰にでもあります。それを隠し通すには、家族であっても決して教えてはいけません。家族だからといって、親友だからといって、決して他言するわけがないとも言い切れません。SNSを使えば、数時間で何万人もの人に伝えることだってできますから、知られて困ることは誰にも言わないことです。

シュレッダーで機密文書を廃棄した場合、手間と時間がかかります。細断処理の音がうるさかったり、紙粉吸引による人的被害の可能性もあります。細断処理したものを、人力やソフトなどで復元が可能なこともあります。