何かと大変な引っ越し作業!片付けが明暗を分ける?


業者が運びやすいように片付ける

引っ越し時の片づけは、まず大まかに捨ててしまう物と新居に運ぶ物とに分けます。物を捨てたり、売れる物は売るなどしてから引っ越し当日を迎える必要があります。そして新居に運ぶ物はなるべく同じ系統の物でまとめるのが重要です。もし調理器具が入ったケースに服や玩具などを入れてしまうと後が大変です。そして、ケースに何が入っているか分かるように管理しなければいけません。段ボールであれば外から何が入っているか分からないですし、業者もどの段ボールをどこに置けば良いか判断できなくなります。

繊細な物は過保護にする

引っ越し時は割れ物など繊細な物も多く運ぶことになります。しかし、ラフな梱包をしてしまうと破損をする可能性があるのです。引っ越し時のトラックは想像以上に上下左右に揺れるので、ある程度固定しているものの過酷な環境になります。大切にしている物が破損したら精神的にもショックが大きいですし、割れた破片によって作業が難航します。なので新聞紙だけではなく気泡緩衝材も積極的に活用する必要があります。気泡緩衝材は業者によっては事前に頂けるので、要確認です。

貴重品は肌身離さず管理

引っ越し時は、何も全ての物をケースに詰め込む必要はありません。アクセサリーや契約書など重要かつ持ち運べるものはなるべくケースに入れずに管理します。細かい物をケースに入れると紛失しやすいですし、探すのも大変です。引っ越し後は手早く物を配置したいので、何かを探す時間は非常にもったいないです。

不用品の回収を行う業者に作業を依頼する場合は届け出を行っている優良な所を選びます。特定の物品は処理の方法が厳しく決められているので、適切な運営を行う業者に任せるのが環境保全に必要な心得です。